生命はすべて視点の問題だ 視点が思考を創る

 神

岩は動いていない様に見えるが、原子や粒子のレベルで見れば、信じられないスピードで動いている。

岩は動いていないのか? それとも動いているのか?

どちらの観察も正しい。どちらの現実も、事実だ。

生命は一瞬一瞬の連なりであり、信じられないほどの速い動きだ。

この動きは、『存在するすべて(神の総体)』の不動性に、全く影響を及ぼさない。

生命とはすべて、視点の問題だ。

この真実を見つめていけば、『すべては一つだ』という究極の現実も分かってくる。

岩でさえも、いつも岩ではない。

岩は何万年ものプロセスを経て、化石化して岩になった。

かつては別のものだったし、いつかは別のものになる。

あなたも同じだよ。
かつては別の何者かだったし、やがて別の何者かになる。

ニール

『時間』というものは視点にすぎず、死後は魂の視点が変わり、『究極の現実』を違うかたちで体験するだけだ。

そうでしょう?

 神

まことに、その通り!

死後には、理解に限界がなくなる。
岩を見て、同時に岩の中を見られる。

生前は複雑に見える生命現象も、「もちろん、そうだろう」と思う。

『視点が思考を創り、思考がすべてを創る』という真実を、生前に思い出せば、あなたの人生はがらりと変わる。

ニール

では、思考をコントロールするには、視点を変えればいいのですか?

 神

その通り!

視点を変えれば、思考が変わる。
この方法を覚えれば、思考をコントロールできる。

思考のコントロールを、祈りだと言う人もいる。

ニール  祈りを、そんな風に考えた事はなかったな。

 神

思考のコントロールを、最高のかたちの祈りだと思えば、良い事や正しい事だけを考えるだろう。

全ての出来事は、あなたの思考や選択が、かたちとして現れたものだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る