五つの自然な感情
自然な感情を抑圧すると、人は狂気に走る

 神

感情の基本は、「愛と不安」だ。

他には「悲しみ、怒り、羨望」があるが、これらは愛と不安から派生する。

この五つの感情は、自然な感情だ。

愛と不安は、偉大な二極性で、原始の二元性だ。

全ての思考・概念・理解・選択・行動は、どちらかに根ざしている。

しかも、究極的には『愛こそが全て』だ。

「不安さえも愛の派生物」であり、効果的に使われれば愛の表現になる。

ニール  不安が、愛を表現するのですか?

 神

最高のかたちではそうだ。
最高のかたちなら、すべては愛を表現する。

例えば、道路で轢かれそうになった子供を救う親が表しているのは、不安だろうか? 愛だろうか?

ニール

両方でしょう。
子供の命への不安、そして子供を救おうとする愛です。

 神

その通り。ここに、最高のかたちでは愛になる不安がある。

『全ての感情は、つながっている』のだよ。

問題が起こるのは、五つの自然な感情がゆがめられた時だ。

ニール

それでは、五つの自然な感情について教えて下さい。

 神

『悲しみ』は、自然な感情だ。

悲しみを表せば、悲しみを処理できる。

「悲しい時は悲しんでいいんだよ」と言われて育った子供は、悲しみは健全だと思える。

だが、「泣いてはいけません」と言われた子供は、悲しみを抑圧する。

抑圧され続けた悲しみは、慢性的な「うつ」になる。
これは、非常に不自然な感情だ。

人々は、慢性的なうつのために、人殺しや戦争をしてきた。

『怒り』は、自然な感情だ。

怒りは、「ノー」と断るためのツールだ。

怒る事を許されて育った子供は、怒りに対して健全な態度でいられる。

だが、「怒りを表してはいけない、怒りを感じてはいけない」言われた子供は、怒りを抑圧する。

抑圧され続けた怒りは、「憤怒」になる。
これは、非常に不自然な感情だ。

人々は、憤怒のために、人殺しや戦争をしてきた。

『羨望』は、自然な感情だ。

羨望は、誰かにあこがれて頑張ろうと思う、とても健全で自然なものだ。

羨望を表すことを許されて育った子供は、羨望に対して健全な態度でいられる。

だが、「羨望を表してはいけない、羨望を感じてはいけない」言われた子供は、羨望を抑圧する。

抑圧され続けた羨望は、「嫉妬」になる。
これは、非常に不自然な感情だ。

人々は、嫉妬のために、人殺しや戦争をしてきた。

『不安』は、自然な感情だ。

自然な不安の目的は、注意をうながして、身体を生きながらえさせる事だ。

他の不安はすべて、学習された反応だ。

不安は愛から生まれる。自分自身への愛からだ。

だが、「不安を表してはいけない、不安を感じてはいけない」言われた子供は、不安を抑圧する。

抑圧され続けた不安は、「パニック」になる。
これは、非常に不自然な感情だ。

人々は、パニックのために、人殺しや戦争をしてきた。

『愛』は、自然な感情だ。

愛を表現する事、愛を受け入れる事を許されて育った子供は、それ以上は愛を必要としなくなる。

だが、「愛を表してはいけない、愛を感じてはいけない」言われた子供は、愛を抑圧する。

抑圧され続けた愛は、「所有欲」になる。
これは、非常に不自然な感情だ。

人々は、所有欲のために、人殺しや戦争をしてきた。

大抵の人は、自然な感情を抑圧している。

ニール  どうして、自然な感情を抑圧するのでしょう?

 神

親や育ててくれた人から、「抑圧しろ」と教えられたからだ。

ニール  なぜ、親はそんな事をするのでしょう?

 神

自分の親に、そう教えられたからだ。

(この感情抑圧の教育の歴史については、『神との対話 究極の真実(その他の事柄)』の「悪魔は男性が創った・その時から感情の表現が減った」を読むと分かり易くなります)

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る