汝は神なり
あなたは神と一体で、無限のヴァージョンがある

ニール

あなたは、「時間は存在しない、全てがいま起こっている」とおっしゃいました。

そうすると、私が死んで、別の人間として転生したなら、どれが私なのですか?

いっぺんに二人の人間として、同時に存在する事になりますよね。

それを永遠に繰り返したとしたら、私は『何十億ものヴァージョン』が居る事になります。

 神  そうだね。

ニール

それが事実なら、私は何十億もの違ったかたちで、何十億もの方法で、進化している事になる。

 神

その通り。それが、私のしている事だよ。

あなたが混乱するのは、私達が「一つ」ではなく、「複数」だと思っているからだよ。

ニール

それじゃあ、私は自分に向かって話していると、おっしゃるのですか?

あなたが神で、あなたが私なら、私は神じゃないですか!

 神

汝は神なり。
ようやく、ばっちり理解できたじゃないか。

ニール

しかも、私は『すべての者だ』という事にもなる。

「私以外は、誰も何も存在しない」という事ですか?

 神

「私と父とは、一体である」と、イエスは言わなかったかな?

「私たちはみな、一体である」と言ったはずだ。

ニール

ものの例えだと思っていました。哲学的な話で、事実ではないと。

 神

事実だよ。

私達はすべて、一体だ。

それが、「私の兄弟の最も小さな一人にした事は、私にした事である」という言葉の意味だ。

ニール

しかし、例えば妻や子供といる時、「彼らは別人だ」と感じます。

 神

意識とは素晴らしいものだ。無限に分割する事ができる。

私は、それぞれの「かけら」が自分を振り返り、「自分とは何か」と考えられるようにした。

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る