精神はすべての細胞にある
精神とは、思考エネルギーのこと

 神

精神は、身体の全ての細胞にある。

精神と呼ばれているのは、実はエネルギーだ。
そのエネルギーとは、『思考』だよ。

脳は、思考というエネルギーを、物理的な衝撃(信号)に変換する。
つまり、翻訳をする。

脳は、「変換器」なのだよ。

脳だけでなく、身体全体が変換器だ。
すべての細胞には、小さな変換器がある。

生化学者は、「血液細胞のような細胞たちは、知性を持っている様に見える」と語る。

実際にそうなのだ。

脳には一番たくさんの細胞があるから、脳に精神がある様に見える。

だが、脳は「主たるセンター」ではあっても、「唯一のセンター」ではない。

ニール  では精神は、身体のあらゆる所にあるのですね。

 神

そうではない。

原子・分子レベルでは、スペースがある。
身体の99%は、スペースだよ。

あらゆる所にあるのは、『魂』だ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る