社会の進歩は、分離ではなく一体化に現れる
分離は幻想だ

 神

あなた方はすぐに比較したがり、「善悪」や「高低」や「正邪」を決めずにはいられない。

それは、深く二元論に落ち込み、分離主義に埋もれている事を示している。

社会の進歩は、分離ではなく、一体化に現れる。

ニール  どうして、一体化が物差しになるのですか?

 神

それが真実だからだよ。

分離は幻想だ。

自分たちをばらばらだと見ている限り、その社会は幻想に生きているのだ。

あなた方は、自分の国が世界で一番だと想像している。

そして、自分の家族がどの家族よりも一番すばらしいと想像している。

そして、家族の中で、自分が一番優れていると思っている。

「そんな事はない」と言うだろうが、あなたの行動がそれを物語っている。

あなた方は、神から離れていると感じ、神と一つである事を体験しても信じない。

だから、自分自身の真実から離れてしまう。

あなた方は、真実を見ていながら否定する。

ここで働いているのは、「否定というメカニズム」だ。

あなた方は、自分の中に善と共感を見ながら、それを否定する。

自分の中に知恵や無限の可能性や神を見ても、それを否定する。

ニール  私は否定しませんよ。

 神   では、自分が神である事を認めるか?

ニール  そういう言い方は…。

 神

そら、ごらん。

神が自分から遠い所にいると思えば思うほど、自分自身の真実からも離れる。

私になろうと努力し続けるためには、私を否定しなければならない。

あなた方は、神になる努力をしたいのだ。すでになっているものには、なれない。

だから、否定というのは、役に立つ道具だ。
だが、そうでなくなれば話は別だ。

マスターは、幻想を見続けようとする者が、否定をすることを知っている。

幻想を終わらせようとする者は、受け入れる。

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る