愛(魂)は、無制限で完璧に自由なものであり、
制約に反抗する

ニール  一度に複数の人を愛する事は、可能ですか?

 神   もちろんだ。

ニール

でも、それは正しくないですよ。裏切りじゃないですか。

 神   誰がそんな事を言った?

ニール

誰でも言いますよ。両親も、宗教も。世間だってそう言います。

 神

それは、『父の罪が子に伝えられる』というたぐいだな。

全ての人を心から愛する事、それは最高に楽しい事だ。

どんな意味にせよ、ある人を「他の人に比べて特別だ」と感じた時、あなた方は他の人を裏切ったように感じる。

ニール  その通りなんですよ!

 神

愛の表現を妨げようとするのは、自由の否定だよ。

それは、魂の否定でもある。魂は「人格化した自由」だからだ。

魂は、押し付けられるあらゆる制約に抵抗するし、束縛を受け入れるたびに、新たな死を経験する。

ニール

私はただ愛し、愛されたい。すべての人を愛したい。

ところが、社会には色々とルールや規制があります。

社会が同意しなければ、恋人たちは「間違っている」と言われます。

一体、これは何なのですか?

 神  不安が原因だ。

    全ての制約は、不安に根ざしている。

ニール

だが、その不安は正当ですよね?

制約が無ければ、例えば「68歳の夫が若い女性と不倫をして、64歳の妻を捨てる」なんて事が起こります。

 神

その68歳の男は、64歳の妻をもう愛していないと思うか?

ニール  そうでしょう。

 神

いや、違う。

その男は、妻を愛していないから逃げるのではなく、「自分に押し付けられた制約」から逃げるのだよ。

ニール  そんなばかな。
     単純な肉欲ですよ。若さを取り戻したいだけです。

 神

もちろんそうだ。
だが、どんな場合でも『制約が反抗を生む』のだ。

妻が押し付ける制約、あるいは妻と別れないなら付き合わないという不倫相手の制約、それがその男の反抗を生む。

魂は、常に制約に反抗する。

人類史上のあらゆる革命の火花は、これだよ。

ニール

では、あらゆる制約を取り払ってしまえ、とおっしゃるのですか!

 神

私は善悪を決めない。ただ、観察をしているだけだ。

人生の全てについて、『自分は、どんな人間になる事を選択するのか』が、一番大事だ。

それが、すべての問いへの答えだ。

ニール

やれやれ。
その答えは漠然としすぎていて、答えになっていません。

 神

あなたは、愛が分かっていないのだ。

愛とは、「無制限なもの」だ。

無制限であるから、愛とは『完璧な自由』なのだよ。

あなた方は、「愛が無制限であってほしい」と願っている。
そして、「愛を自由に表現したい」と願っている。

人は心の奥底では、『愛は無制限で自由だ』と知っている。

なぜ知っているかと言えば、あなた方は本質が愛だからだ。

あなた方は、不安を克服した時、無制限で自由な愛を経験しようとする。

子供は不安を経験しない。そして、誰でも愛せると思っている。

だから子供は裸で走り回り、誰にでも抱きつき、それを大変な事だとは思わない。

大人に同じ事が出来たら、どうだろうね?

ニール

大人がそんな無邪気さを取り戻したら、大変な事になります。

 神

人間は、「無制限で自由な愛を経験したい」と切望するものなのだよ。

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る