あなたの想像力は、双方向に(創造と解釈の両方に)働く

 神

現在を見る事は、不可能だ。

現在は「起こり」、それからエネルギーが放射して光の爆発となり、その光があなたの受容器である目に届く。

光があなたに届く間も、生命は進行し、前進する。

光があなたに届く頃には、次の出来事が起こっている。

爆発したエネルギーが目に届くと、目は脳に信号を送り、脳はデータに照らし合わせて、何を見ているかを教える。

あなたが見たものについて考え、判断をし、何と呼ぶかを決めている間に、起こっている事は先へ進んで、あなたを待っている。

あなたと出来事が起こる場所が遠くなるほど、出来事は「過去」へと遠ざかる。

だが、それは「過去」に起こっているのではない。

単に、距離が「時間という幻想」を創りだし、「今、ここに居るあなた」と「かつて、あそこに居たあなた」の経験を、両立させているにすぎない!

「時間と空間は同じもの」であり、すべてはたった今、起こっている。

この真実が理解できれば、『見ているものはみな、現実ではない』ことが分かる。

あなたは、過去の出来事(爆発したエネルギー)のイメージを見ているのだが、そのイメージはあなたの解釈にすぎない。

このイメージ解釈が、「想像」と呼ばれる。

あなたはその想像力を使って、すべてを創り出す。

なぜなら、これが最大の秘密なのだが、『あなたの想像力は、双方向に働く』からだ。

ニール  と言いますと?

 神

あなたは、エネルギーを解釈(想像)して、その解釈(現実認識)を基に創造をする。

想像力は、「精神の機能」であり、精神が何かを想像すると、それは物質的なかたちを取り始める。

より多くの人が、長時間の想像をすればするほど、確固とした物質的なかたちになり、エネルギーは光となって爆発して、現実のものとなる。

そして、あなたはそれを見て、それが何であるかを決める(解釈をする)。

こうしてサイクルが続く。これがプロセスだ。

この「サイクル/プロセス」が、あなたである。

この「サイクル/プロセス」が、神である。

これが、「あなたは創造者であり、被造物である」という言葉の意味だ。

私は、宇宙のメカニズム、すべての生命の秘密を、いま説明したのだよ。

ニール  びっくり仰天してしまいました。

     毎日の人生に適用したいと思います。

 神

毎日、適用しているよ。それがルールだから。

問題は、意識的に適用するか、無意識に適用するかだ。

自分が、プロセスの「結果」になるのか、「原因」になるのか。

すべてにおいて、原因になりなさい。

ここで話した知識を武器にすれば、人生も世界も変えられる。

この真実をあなた方と分かち合うために、私はやって来たのだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る