自分を否定する事は、神を否定する事だ
あなた自身の智恵と真実に向かいなさい

ニール  私は、人並み以下の人間です…。

 神

どうして、そう自分を卑下する?

あなた方は、みんなそうだ!

あなた方は、自分の偉大さを否定し、自分の中で経験できる「神」を否定する。

ニール

そんな事はないですよ!
私は、あなたを否定した事はありません!

 神

自分自身を貶めるのはすべて、私を否定する事だ。

「自分なんか、まだまだ」とか、あれこれ欠陥を探す行為は、全て自己否定である。

本当の自分についての、最も偉大なヴィジョンの、最も壮大なヴァージョンだけで、自分の人生を表現しなさい。

あなたの最も偉大なヴィジョンとは何だろうね?

それは、「いつの日か、自分は偉大な師になる」という事ではなかったかな?

ニール  そうです…。

 神

それなら、そうなりなさい。

そうなっているのだよ。あなたが再び否定するまでは。

「私は偉大な師である」と言ってごらん。

ニール

しかし、「私は偉大な師である」などと、人前で言うのは難しいですよ。

 神

それでは、こっそりと自分を宣言しろと言うのかな?

公の場で言う事が、大事なのだよ。

公然たる宣言は、最も高いかたちのヴィジョンだ。

まず、宣言する事から始めなさい。

ニール

それでは、謙遜はどこへ行ってしまうのですか?

会う人ごとに、最も偉大な考えを宣言して回る事になりませんか?

 神  偉大なマスターは、みんなそうしてきたよ。

    あなたはさっきから、ずっと私を否定している。

ニール

あなたを否定しているんじゃありません。

私の最も偉大なヴィジョンについて、話しているのです。

 神

あなたの最も偉大なヴィジョンは、私だ!

自分の偉大な部分を否定すれば、私を否定する事になる。

ニール

もちろん偉大な師になりたいですよ!
そうしたいです!

 神

「したい」と思うのは、やめなさい。

欲しがっている自分のままで、そこに留まってしまう。

選びなさい。

ニール  分かりました! 私はそれを選びます!

 神

私はあなたを試したのだよ。
あなたが何処へ向かうのかを、知りたかったのだ。

ニール  私は行くべき所へ、向かっていますか?

 神

あなたは、マスターが向かう場所へ向かっている。『あなた自身の智恵と真実』へと。

いつもそこへ向かうべきだ。

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る