魂とは生命エネルギーの固まりだ
本当は一つの魂しかない

ニール

あなたは、「魂は、身体の内外のあらゆる所にある」と言います。

しかしそうすると、「個別の魂が無い」ことになりませんか?

 神

そうでもあるし、そうではないとも言える。

本当には、魂は一つしかない。
しかし「一つ」の中には、多くの魂がある。

これが、『最大の神聖なる二分法』だ。

それぞれの魂は、様々な速度、様々な密度で物質世界に現れる。

ニール  どうして速度が関係するのですか?

 神

生命はすべて「振動」だ。

生命は「純粋なエネルギー」で、このエネルギーは常に振動している。

そして、異なる速度で振動する波は、異なる密度あるいは光を生み出す。

これが、物質世界の異なるかたちを創り出す。

だが、かたちはそれぞれであっても、エネルギーは同一だ。

エネルギーが集まって合体すると、物質になる。

物質になるとエネルギーは凝縮し、つき固められ、まとまる。

まとまると、一つ一つが別の単位の様に「見えるし、感じられる」。

だが、『同じエネルギーが別のふるまいをしているだけ』なのだ。

この「エネルギーの固まり」の一つ一つが、あなた方が『魂』と呼ぶものだ。

一つのエネルギーが分かれて、沢山の魂になったのだ。

物質は、それぞれが「別々の単位」に見える。
だが実は、分離などしていない。

宇宙全体の奥は、その様になっているのだよ。

ニール  本当にそうなのですか?

 神

科学者はすでに、全ての生命が同じものから出来ている事を発見している。

月の岩は、木々と同じものから出来ているし、木々はあなたと同じものから出来ている。

(※原子や分子や粒子の事を言っているのだと思います)

私たちはすべて、同じエネルギーだ。

それが違った方法で凝集して、異なるかたちや異なるものを創っている。

全ての父は、『純粋な思考』だ。
これは、生命エネルギーだ。

これは、あなた方が『絶対的な愛』と呼ぶものだ。

これが神であり、動かざる動かして手、第一の源である。

私たちは「ただ一つ」だ。従って、あなたは神である。

(『神との対話3』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る