魂の言語(感情)には、愛と不安の二種類しかない
愛を選びなさい

 神   「愛」と「不安」は、私が宇宙を創造した時に生み出した、二つの極なのだ。

     これが、『相対性』というシステムを可能にする。

     思考も行動も、どちらかを根拠としている。

     様々な思考や感情は、この二つの極から派生した、バリエーションにすぎない。

     この二つは、人間を動かす生のエネルギーだ。

     人が何度も同じ体験をくり返すのは、愛→不安、不安→愛へと、揺れ動くからだ。

     そして、揺れ動くのは、神の愛を信じていないからだ。

     「神の愛は、常に存在する」と信じられなくて、他の誰の愛を信じられるのか。

     あなた方の多くは、「自分はだめな存在だ」と考えている。

     そう思わせたのは、両親だ。
     親は、「戒律(ルール)を破れば、罰せられる」などと言い、愛は条件付きだと
     教える。

     そのためにあなた方は、『無条件に愛されること』を忘れてしまい、
     神の愛も同じ様なものだと思ってしまう。

     そして、神は恐ろしいものだと思う。

     だが、神は善悪を決め付けたり、罰を与えたりはしない。
     (神の愛は、無条件の愛である)

     愛は、持っている全てを与え、なだめて育む。

     愛と不安の他には、選択の余地はない。
     だが、どちらを選ぶかは、自由に決められる。

ニール  私たちはどうして、不安が勝ってしまう事が多いのでしょうか?

 神   不安を抱えて生きるように、教えられているからだ。

     あなた方は、「一番強い者が勝ち、一番利口な者が成功する」と聞かされてきた。

     だから、強くなろう、利口になろうと必死になり、劣っていると負けてしまう
     という不安に怯える。

     だが、愛に支えられた行動をとれば、生き延び、真の勝利をし、真の成功をする。

     それだけでなく、『自分は本当は何者か、何者になり得るのか』という、
     栄光に包まれた経験ができる。

     一番の教師は、外にいる者ではなく、あなたの心の声である。

     それが、私が使うコミュニケーションの、第一の道具だ。

(『神との対話1』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る