ヒトラーは、人類の集合意識が生み出した

 神

ヒトラーという経験は、集団の意識(集合意識)の結果だ。

多くの人は、「ヒトラーが国民を狡猾に操った」と言いたがる。

こう考えれば、ヒトラーだけを非難すればすむからだ。

しかしヒトラーは、人々が協力し、服従しなければ、何もできなかった。

人類という大きなグループにも、責任がある。

人類は、ドイツ国内の苦しみに、無関心で鈍感だったのだから。

ナチを発展させた土壌は、集合意識だった。

ヒトラーはチャンスを掴んだだけで、集合意識を創り出したわけではない。

常に分離と優越を口にしている集団意識は、共感の喪失を生む。

そして共感の喪失は、必ず良心の喪失につながる。

ちっぽけなナショナリズムは、他者にすべての責任を押し付け、仕返しと戦争を正当化する。

ヒトラー経験の恐ろしさは、彼の犯した罪ではなく、『人類が彼に罪を犯させた』という事だ。

誰もヒトラーを止めなかった事だ。

ヒトラー経験は、キリスト経験と同じように、深遠な意味を持っている。

あなた方全員の中に、ヒトラーのかけらがある。イエスは最高の手本を、ヒトラーは最低の手本を示したのだ。

ニール
それではヒトラーは、どこまで人間が堕ちるかを教えるために、送られてきたのですか?

 神

送られたのではない。
あなた方の集合意識が、彼を生み出したのだ。

「分裂の意識、優越の意識」が、ヒトラー経験を創り出す。

「友愛の意識、一体感の意識」が、キリスト経験を創り出す。

(『神との対話2』から)


神との対話 究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る