思い出すとは、相対性の場(宇宙)を観察する事だ

ニール

あなたは、「悪が存在するのは、善を体験する状況を作るためだ」と言い、「それを理解すれば、すべての問題は祝福となり、悪人は天使に見える」と説明なさった。

 神  その通り。

ニール

それでは、「高度に進化した存在(HEB)」の社会には、どうして悪がないのですか?

彼らの社会には悪が無いのに、どうして善を経験できるのですか?

 神

いいかね。何が善悪なのか、何が上下なのかは、すべてあなたが想像・判断をして、あなたが創り出しているのだよ。

それが大前提だ。

HEBは、目の前に悪がなくても、自分がいかに善かを知っている。

悪を創造しなくても、善や愛を認識している。

HEBは、宇宙のどこかにある「自分ではないもの」を観察すれば、本当の自分に気付く。

実は、HEBが対立要素(HEBにとっての悪)を探そうとする時に目を向ける場所の一つが、地球なのだよ。

彼らはあなた方を見ることで、かつての経験を思い出し、自分達の今の経験を判断する目安にしている。

ニール

どうして私たちには、悪の創造が必要なのでしょうか?

 神

必要はないよ。新しく創造する必要はない。

自分ではないものを追放しても、本当の自分を知って経験する力は損なわれない。

ニール

では、わざわざ対立する要素を呼び出さなくても、いいのですね?

 神

その通りだ。

本当の自分を選択・経験するのに、対立要素を創造する必要はない。

どこかで、対立要素(悪)を観察すればいい。

それが存在することを、思い出せばいい。

そして思い出すには、相対性の場(宇宙や地球)を観察すればいい。

ニール

すると、観察をすればよその世界が分かり、本当の自分が理解できるのですね。

 神

そうだ。
それが、『思い出す』という事だ。

(『神との対話3』から抜粋)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る