最善は、考えてはいけない
魂に耳を傾ければ、最善が分かる

 神

「最善」というのは相対的な言葉で、100もの変数に左右される。

だから、選択が非常にむずかしい。

考えるべき事は、「それが自分自身を表現しているだろうか」という事だ。

人生の全ては、自分の表現なのだ。

重要な事は、自分を意識的に表現することだ。

無意識の反応的な表現は、前と同じ事を繰り返すことだ。

これは理性の働きであって、魂の働きではない。

魂の探求は、「理性の外で」しなければならない。

「最善とは何か」と考えるのは、時間の浪費に他ならない。

理性の外にいれば、すばやく決断し行動に移せる。

魂は、現在の経験だけを基に自分を創り出すから、反省だの分析だの過去の批判だのはしない。

この事を覚えておきなさい。
『魂は創造し、理性は反応する』

魂に耳を傾ければ、その時々の最善がすぐに分かる。

現在を基に経験を創りだせば、「新しい自分」を創造できる。

(『神との対話2』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る