神は不可避の存在である
あなたの仕事は、他者を神にする事だ

 神

あなたが神の意識レベルにまで向上したら、「他人の魂への責任はない事」「それぞれの魂が自らの運命を選んでいる事」が理解できる。

あなたの仕事は、他の人を自立させることだ。
あなたなしにやっていける、と教える事だ。

同じ意味で、神の最大の瞬間は、あなた方が神を必要としなくなった時(あなた方が、自分は神の分身だと気づき、神性を表現するようになった時)だ。

「真のマスター」とは、生徒が一番多い者ではなく、最も多くのマスターを創り出す者である。

「真の指導者」とは、最も多くの指導者を創り出す者である。

「真の王者」とは、最も多くの者に、王者らしい尊厳を身につけさせる者である。

「真の神」とは、最も多くの者に仕え、すべての者を神にする者である。

神とは、到達できない存在ではなく、不可避の存在である。

あなた方は、必ず救われる。

それがわからない事こそ、地獄である。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る