あなたには価値がある 罪人はいない

ニール  私は価値のない人間です。

 神

いいかね、あなたには価値がある。
誰にでも価値があるように。

あなたは「過去を元に」自分の価値を決めているが、私は「未来を元に」あなたの価値を決める。

人生/生命は、未来にあるのであって、過去にはない。

これまで犯してきた過ちは、これから創造するものに比べれば、何の意味もない。

あなたの全てを赦そう。
他の人は赦してくれなくても、私は赦す。

だが、本当には『罪人』などはいない。
誰も、私に罪を犯す事など出来ない。

(神は全的な存在であり、人が悪と呼ぶものも神の側面である
 ためです。
 神は完璧・永遠の存在で、決して傷つくことはないためです。)

私が赦す事などは何もないが、あなたを解放する事は出来る。

だから今、解放しよう。

ニール

どうして私達は、今までこの事が分からなかったのでしょう?

 神

神が『善』だと、信じられなかったからだ。

あなた方は、神が機嫌を損ねたり、傷ついたり破壊されたりすると思っている。

なんという妄想だろう!

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る