人生は、与えるためにある

 神  人に与える事は、自分に与える事だ。
    行ったものは戻ってくる。

ニール

自分から出て行ったものは全て、自分に戻ってくるのですね。

 神

七倍になって戻ってくる。

だから、「何を取り戻せるか」と心配しなくていい。
『与える事』だけを考えていればいい。

生きるとは、最上のものを得る事ではなく、最上のものを与える事だ。

あなた方は忘れているが、人生は得るためにあるのではない。

生命とは与えるためにあるし、そのためには人を赦す必要がある。

現在は、成功は「どの位、得たか」で測られている。

どの位、名誉・金・力・所有物を蓄積したかで、測られているのだ。

進化した文化では、成功は「どの位、人に蓄積させたか」で測られる。

人に蓄積させればさせるほど、あなたも苦労なく蓄積する事になる。

こうなれば、契約も取引も、交渉も訴訟も無くなる。

未来の経済では、自分の利益ではなく、自分の成長を目的に、物事を行うようになる。

それが本当の利益だからだ。

自分が成長すれば、利益は後から自然についてくる。

そうなれば、契約は原始的なやり方に見えてくる。

相手が与えなくても、あなたは失うわけではない。

利益の源は、あなたが持っている何かではなく、あなた自身だからだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る