何をしようとしているかが最も重要だ
あなたは常に、自己を規定するプロセスにいる

 神

私は、中絶だろうが戦争だろうが、赦しも断罪もしない。

あらゆる国の人々は、「神は自分たちの味方だ」と信じている。

どうして、あらゆる生物がすべて「神は自分の味方だ」と信じているか、分かるかな?

本当に、『私がすべての味方』だからだ。

あらゆる生物は、それを直感的に知っているのだ。

あなた方は、自分を決めるプロセスに、常にいる。

「戦争に行き人を殺すのが、自分の役に立つ」と思うなら、そうするだろう。

「妊娠中絶をするのが、自分の役に立つ」と思うなら、そうするだろう。

進化と共に変わるのは、『何が自分の役に立つと思うか』だ。

そして、何が自分の役に立つと思うかは、『何をしようと考えているか』によって決まる。

だから、「自分が何をしようとしているか」が、最も重要な問題となる。

いいかね。「何の結果にも繋がらない無意味な事は、何もないこと」を、覚えておきなさい。
すべてに結果がある。

その結果とは、「あなたは何者か」という事だ。
あなたは常に、自己を規定する行為をしている。

『あなたは、何者になる事を選ぶのか』

これが、中絶や戦争などの全ての問題への、答えだ。

あなたが考え、言い、行動するのは、すべて自己を規定する行為である。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る