あなたは生きているだけで、共通の善に貢献している

ニール  私たちの共通の善とは、何ですか。

 神

共通の善とは、『生命』だ。

あなたが生きていれば、それで共通の善に貢献している。

「魂が、物質的なかたちに宿るのに同意する事」自体が、ある意味では大きな犠牲(貢献)なのだ。

それで充分なのだ。

(魂は自由そのものの存在であり、身体に宿るのは窮屈極まりないため、それをする事は貢献といえるのです)

物質的なかたちをとったこと、それだけで充分だ。

私は、それ以上の何も望まず、何も必要としない。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る