自分についての偉大なヴィジョンを再創造し、
それを宣言しなさい

ニール

私は、自分の書いた本が出版されるたびに、わくわくします。

本を書いたのは私ではなく、私を通して(神が)書かれたのだとしても。

 神

本を書いたのは、あなただ。
遠慮したり、謙遜する事はない。

私がインスピレーションを与えた事は、事実だ。
書くべき言葉も与えた。

だからと言って、あなたの功績は減らない。

もし減るなら、トマス・ジェファーソンもアインシュタインも、モーツァルトやキング牧師も、誰もがそうなる。
すべてにインスピレーションを与えたのは、私だから。

息子よ。どれだけ多くの人が、インスピレーションという贈り物を与えられたのに、活用しなかったか知れない。

あなたは贈り物を活用した。
それが、わくわくしない事でないはずがない。

どれだけ多くの人が、「どうせ自分なんかだめなんだ」とか「自分が認められるはずはない」という思い込みに凝り固まっているかを知ったら、驚くだろう。

大事なのは、認められるためではなく、自分を表現するために、何かをする事だ。

だが、認められたからって、少しも自分が減るわけではない。
それどころか、もっと自分を表現したくなる。

マスターは、謙遜の名のもとに自分の素晴らしい側面を否定したりは、決してしない。

イエスは、はっきりと自分を表明し、宣言をした。
マスターは皆、そうしてきた。

あなたも、自分を表明しなさい。自分を宣言しなさい。

そして、宣言した通りの自分になりなさい。

真の自分について抱いた、最も偉大なヴィジョンの中の最も壮大なヴァージョンで、自分を再創造しなさい。

(『神との友情 上巻』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る