まず幸せな状態(幸せな存在)になりなさい

 神

ほとんどの人は、「何かを(時間や金や愛を)持っていれば、何かを(物や恋人などを)持てる」「何かを(物や恋人などを)持てば、何かに(幸せや良い人間に)なれる」と信じている。

彼らは、「所有→行為→存在」の順に考えている。

だが実は、宇宙では所有が存在には繋がらない。

本当は、「存在→行為→所有」の順なのだ。

まず、幸せという状態(存在)になりなさい。

その状態から、行為を始めるのだ。

そうすれば、所有したいものを手にできる。

所有したいものを見つめ、それが持てたら自分は「どうなるだろう」と考え、その通りに「なりなさい」。

そうすれば、宇宙の創造的な力を働かせることが出来る。

人生での問題は、『自分は何で在るか』という事だけだ。

ニール  「幸せでいる」ことが、先なんだ!

 神

まさしくその通り。
前もって「こう在ろう」と選ぶと、それが経験できる。

幸せというのは、精神の状態だ。

精神の状態はすべて、物理的なかたちで再生産される。

ニール  でも、どうしたら始めから幸せになれるのですか?

 神

持っているように、行動しなさい。

そうすれば、それが引き寄せられてくる。

幸せであるように、行動しなさい。そうすれば、そうなれる。

ただし、行動は真剣でなければならない。

そうでないと、行動のメリットは消えてしまうよ。

身体と精神と魂が、思考・言葉・行動の中で統一されて、初めて創造のプロセスが始まる。

それが、自然の法則だ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る