人生と遊び、思考と戯れなさい
死はどれもが、気付きのきっかけになる

 神

人生と遊び、思考と戯れなさい。

人生や思考は、決して仕事なんかにしてはいけない。

それに、お互いに戯れ合うことだ。

人間や生命と、上手に遊ぶ事を覚えなさい。

私は、あなた方を「神の楽園」に送った。

私は、全世界を遊び場として与え、誰にでも充分に行き渡るだけの豊かさ(資源)を提供した。

分かち合えば、誰も飢えるはずはないし、衣服や住居に困る者もいないはずだ。

この世界には、「真の自分」という輝かしい経験をするのに、これ以上に必要なものは何もない。

あなたが必要だと思っているものは、あなたがでっち上げたものであり、死が近づくと「どれも大して必要ではなかった」と気付く。

あなたは何時だって、その事に気付ける。
無駄な苦闘を終わらせる事ができる。

きちんと観察をすれば、日々のそれぞれの瞬間に、「小さな死」が詰まっている事が分かる。

その「小さな死」のどれもが、気付きのきっかけになれるのだよ。

(『神へ帰る』から抜粋)


神との対話  究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る