究極の悟りとは、すべてと一体になりこの瞬間に身を置くこと
悟るための強力な方法

 神

『すべてと1つになる(自分はすべてと一体である、という究極の悟り)』とは、焦点の置き方(中心の定め方)の問題なのだよ。

究極の悟りとは、「今、ここ」という瞬間に自分のすべてを置いて、どこか他にふらふら出かけていない、という事だ。

強い決意を持ってすれば、他のすべてから精神を引き離して、「今この瞬間」に集中できる。

これを、「全面的に今に在る」と呼ぶ人もいるね。

ニール

ラム・ダスが「ビー・ヒア・ナウ」の中で書いている事や、エックハルト・トールが「さとりを開くと人生はシンプルになる」で書いている事は、それですね。

 神

「全面的に今に在る」ための方法の1つは、鏡で自分の目を見つめる事だ。

呆れるほど簡単だが、強力な方法だよ。

秘訣は、落ち着かない気分になってきても見つめ続けることだ。

10秒以上も見つめ続けられれば、自分への共感と愛の体験が始まる。
自分を愛する事に慣れていないと、その気持ちを受け入れるのは難しいかもしれない。

さらに自分の目を、深く深く見つめる。

そしてその後に、ふっと目を閉じる。

そうすると、エッセンスとの合体を感じる事がよくある。

パートナーや親友がいるなら、その人の目を深く見つめてみるといい。

この時も、落ち着かない気分になっても目をそらさないこと。

やがて相手とあなたが混ざり合うのが感じられて、内なる輝きへと溶け込むだろう。

自分や誰かの目を深く見つめる時、そこに見えるのは魂だ。

目は、「魂の窓」なんだよ。

ペットや野生動物でも同じだ。

他の生き物の目を深く見つめれば、その生き物を愛するようになる。

人はペットや野生動物と恋に落ちるし、その感情はとてもリアルだよ。

誰かの目をじっと見つめれば、その人と恋に落ちる。

だからこそ、人はすぐにお互いから目をそらす。

愛の導きに身を委ねる時、あなたには何の困難もない。

葛藤や苦闘は消えて、あなたは「すべては1つであること」を知る。

「全面的に今に在る」というのは、自分の経験を高く引き上げるために、とても有効な方法だ。

(『神へ帰る』から抜粋)


神との対話  究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る