苦しみは自分で生み出している

 神

苦しみは、人間の経験に不必要な要素だ。

不必要であるだけでなく、身体にも悪い。

ニール

どうしてあなたは、苦しみに終止符を打ってくれないのですか?

 神

苦しみを終わらせることは、あなた方が拒んでいるだけだ。

苦しみは、出来事とは何の関係もない。
出来事に対する「反応の中に」あるだけだ。

あなた方は、苦しみを減らしたり無くしてしまう『反応の仕方』を、使ってこなかった。

ニール

どうして、出来事の方をなくしてくれないのですか?

 神

私に出来事のコントロールは、出来ない。

私は、あなた方の選択に介入はしない。

そんな事をしたら、あなた方を「創造者として」創造した意味が、なくなってしまう。

ニール

私たちはどうして、「黙って苦しむこと」が清らかなことだ、と考えたのでしょう?

 神

マスターたちが、そう見えたからだ。

マスターの弟子たちは「黙って苦しむ」が、それは、まだ学ばなければならない事や、思い出さなければならない事があると、分かっているからだ。

マスターは、黙って苦しんでいるのではない。そう見えるだけだ。

あなた方は、関心を向ける事で、対象を実在させる。

マスターは、このことを知っており、何を実在させるかを選ぼうとする。

マスターは、苦しみを語らない事(実在させない事)を選んでいるのだ。

ニール  どうして、苦しみなんてものがあるのですか?

 神

苦しみの存在なしには、喜びも存在し得ないからだ。

物事について、偏った判断をしたり、期待をしたりしなければ、苦しみは生まれない。

そのように、生きてみなさい。

そうすればいつか、「戦争よりも愛の方がいい」という世界を経験するだろう。

その日あなたは、歓喜に包まれるだろう。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る