何かが欲しかったら、真剣な気持ちでそれを与えなさい

 神

幸せになろうと思うなら、人を幸せにしてやりなさい。

豊かになろうと思うなら、人を豊かにしてやりなさい。

愛が欲しいと思うなら、人を愛しなさい。

自分の利益のためではなく、人のために真剣に行えば、全てはあなたに返ってくる。

ニール  どうして、そうなりますか?

 神

何かを与えると、『自分が持っているものを与える』という経験ができるからだ。

持っていないものを与える事はできない。

だから何かを与えると、精神は『自分についての新しい結論』を出す。

「自分は持っているに違いない、そうでなければ与えられはしないから」と、精神は考える。

この新しい考え方が『あなたの状態』になれば、宇宙で最も強力な「あなたという創造のマシン」が動き出す。

あなたは、その状態を(持っている状態を)、創造し始める。

これで円は完成し、創造したものがあなたの中に現れる。

これが、人生の最大の秘密だ。

ニール  どうして、真剣でなければならないのですか?

 神

下心があると、あなたの精神にそれが分かるからだ。

「自分が持っていないから、だから与えるんだ」と分かってしまう。

宇宙は巨大なコピー機だから、あなたの考えを、あなたの経験として再生する。

あなたは、「持っていない」状態を、経験し続ける事になる。

下心があると、与えようとする相手にも、「あなたは与えるべきものを持っていないし、何かを求めているだけだ」と分かる。

こうして、下心があると、あなたは欲しいものを遠くに押しやってしまう。

何かが欲しかったら、真剣な気持ちで与える事だ。

そうすれば、『持っている』という経験がすぐにできる。

そうなれば、後は「どれだけ持つか」の程度の違いだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る