人生を変えたければ、選び直しましょう

 神

人生に恐ろしい事は何もない。
あなたが結果に、執着しなければ。

選び直しなさい。
だが、欲しがるのはやめなさい。

ニール

私は生活のために、20年も苦労してきた気がします。

 神   人生は何のために、あると思う?

ニール

魂の発達のためにあればいいと思います。

でも、毎日楽に暮らしたいんです。
失業したばかりで、収入が途絶えそうなんです。

 神

『魂の発達を目指す』とは、「神に似せて自己を創出するプロセス」に没頭する事だ。

それが、自己実現や救済のプロセスである。

毎瞬ごとに意識的に創造し続ける事、それをあなたは実行してきたかな?

ニール  すみません。まだ、始めてもいません。

 神

どれ位努力してきたかは、重要ではない。
「今、努力しているか」、それだけが問題だ。

あなたは今、「自分が最悪の状況だ」と言う。

だが、私は全然別の見方をする。

あなたは、豊かな家の一歩手前にいる人間だ!

あなたが私のために働く時、魂の安らぎだけではなく、物質的な安らぎも得られる。

だが、魂の安らぎを経験すれば、物質的な安らぎについては関心がなくなるだろう。

ニール

でも、魂の発達を目指す事や、神のために働く事が、金銭的な問題を解決してくれるとは思えないのですが?

 神

つらい時こそ、神の場に行く時だ。

神の場に行けば、精神の安定が得られ、良いアイデアがあふれ出す。

神の場から見れば、『現在の状況や環境は、一時的なかりそめのものだ』と、正しく考えられる。

状況や環境は、創造をしていく上での、一時的な道具にすぎない。

ニール

あなたが手を差し出して下さるかどうか、確信が持てないんです。

 神

私は、あなたが求める前から、与えようとしている。

私があなたに望むのは、あなた自身があなたに望む事だ。

ニール

しかし、願いなどめったに叶うものじゃない。私の人生が証拠です。

 神

あなたは常に、自分が創造したものを得るのだ。
私は創造できるように、力を与えるだけだ。

創造したものが気に入らないなら、選び直しなさい。

神の仕事は、常に再選択の機会を与える事だ。

あなたは、「失業という状況の犠牲者だ」と思っている。

だが本当は、もうその仕事を選択していなかったのだ。

あなたは、「他の何かをしたい」と夢を見始めていた。

あなたは今、何をしたいのか?
願いはめったに叶わないという事を、実証したいのか?

ニール

そう言われると恥じ入ります。すみません、悲しいです。

 神  自分を責める必要はない。選び直しなさい。

ニール

どうして私は、いつも自分を責めるのでしょう?

 神

あなた方は、罪を背負って生まれたのだと、思い込まされてきた。

完璧な者として生まれてこなかった事を恥じるように、教えられてきたのだ。

私が生み出したものは、すべて完璧だから、まさに誤解だ。

あなた方は、自分をちっぽけな存在だと思うように、教えられてきた。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る