悪を非難してはいけない

 神

悪を非難してはいけない。

非難するよりも、「どこを悪と判断するのか」、「どこを変えたいのか」と、自問しなさい。

外へ向かってではなく、内に向かって問いかけなさい。

誰かを非難すると、相手からも非難される。

非難するよりも、変えようと努力しなさい。

人生のすべては、あなたの『創造の道具』であり、出来事のすべては、「自分は何者なのか」を決定しその自分になるための『機会』なのだ。

宇宙には、創造者がいるだけで、被害者はいない。

あなた方は、他者の道を、善いとか悪いとか判断してはならない。

レッテルを貼ったり、決めつけたりするのは、避けなさい。

どんな環境も贈り物であり、どんな経験も宝なのだから。

闇があるから、光は存在できる。

闇の中の光になりなさい。闇の中にいる事を、呪ってはいけない。

最も大きな試練こそ、最も偉大な勝利になる可能性がある。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る