悟りと情熱についての解説

ニール

本当の生き方では、欲望や自我を無くさなければならないのですか?

 神

そうだ。

なぜなら人生での真実とは、神との関係だけだから。

しかし、自己否定が求められているわけではない。

マスターは何かを諦めたりはしない。
無用なものを遠ざけるだけだ。

欲望は、克服するのではなく、もっと偉大な欲望に変えなさい。

そして情熱は、克服するのではなく、理解して受け入れなさい。

情熱を克服しようとすると、努力するあまりに、その努力自体が情熱になってしまう。

情熱を別の情熱に替えても、克服した事にはならない。

情熱は批判せず、自分に役立つ情熱かどうかを、見極めなさい。

マスターは、情熱と欲望を全て捨てているように見える。

だが実は、情熱と欲望を理解し、「自分のためにならない情熱と欲望を遠ざけている」のだ。

情熱は、創造の燃料である。決して否定してはいけない。

否定すれば、自分の可能性を否定する事になる。

悟りとは、情熱を否定する事ではなく、『結果への執着』を否定する事だ。

『期待なしに人生を生きること』、これが自由であり、神性である。

ニール  あなたは、結果に執着しないのですか?

 神

決して執着しない。

私の喜びは『創造』にあるのであって、結果にはない。

悟りとは、行為を否定する事ではなく、「行為の結果には意味がない」と理解する事である。

ニール  情熱について、詳しく説明していただけますか?

 神

あなた方の核心(魂)は、愛である。

ところが、「愛であること(存在)」と、「愛すること(行為)」は全く別である。

魂は「愛の存在である」が、『愛することを経験する』ために、行為を通じて愛を実現(表現)しようとする。

『愛を経験したい』という衝動は、情熱と呼ばれる。

情熱とは、「やあ、こんにちは」と言いたがっている神(あなたの魂)である。

一方で、人間は「愛したら、相手(対象)からも愛が返ってきてほしい」と思う。

これは情熱ではなく、『期待』である。

期待は、人間の不幸の、最大の原因である。

悟りとは、「結果を放棄する事」であり、「情熱を放棄する事」ではない。

マスターは、情熱こそが神への道であることを知っている。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(哲学的な事柄)の目次に戻る