無限について

 神

あなたは分子の運動を見た時に、「すごい、ここには宇宙がある」と思った事があるのではないか?

ニール  はい、あります。

 神

その時あなたは、神の世界の一部を見たのだ。

「神の世界には決して終わりがない」と言ったら、あなたはどうするかな?

ニール  説明して下さい。

 神

『宇宙で一番小さな物質』を、想像してごらん。
そして、それを二つに割ってごらん。

どうなったかな?

ニール  さらに小さなものが、二つできました。

 神

それを、さらに二つに割ってごらん!
それは存在しなくなるかな?

ニール

きっと何度割っても、存在し続けるんじゃないですか。

 神

完全に壊す事はできないと思うのだね?

この事を言っておこう。
あなたは今、生命の秘密を学んだ。無限を見たのだ。

さて、私から訊ねたい。

無限は、一方向にしか働かないと思うかね?

ニール

小ささに限りがないのなら、大きさにも限りがないのでしょう。

 神

その通り。

あなた方は成長するプロセスにあり、成長には何の制約もない。

ニール

それでは、私は何にでも… 神にもなれるとおっしゃるのですか?

 神

はっきり言っておこう。

あなた方はすでに神である。
ただ、それを知らない(忘れている)だけだ。

私は、「汝らは神である」と言わなかったか?

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る