場所と時間は、出来事の細部を探求するためにある

 神
死後の魂は、どこへでも一瞬で行けるし、いっぺんに多くの場所に居られる。

非物質世界(死後)では、思考と経験の間にずれがなく、思考の結果は即座に現れる。

そこで魂は、思考をコントロールする事を思い出す。

思考のコントロールは、最高の形の祈りだ。

物質世界(地球)にいる時も、思考のコントロールをしなさい。

良い事、正しい事だけを考えなさい。
そうすれば、人生はがらりと変わるだろう。

物質世界では、思考と創造の間にずれがある。

それが、「物事は降りかかってくるものだ」という幻想の元になる。

自分が物事を創造している事を、忘れてしまうのだ。

ニール
生前にはどうして、思考と創造の間にずれがあるのですか?

 神
時間という幻想の中で動いているからだ。

死後は、時間というパラメーターから離れる。

本当は時間は存在しない。時間とは、視点の問題なのだ。

ニール  どうして生前は、時間が存在するのですか?

 神
現在という視点に入り込んで、その視点で見るからだ。

その視点を道具として使うと、一つの出来事を徹底的に探求できる。

物質世界に入った者は、「ここ」と「今」のすばらしさを、細かく経験する事を選んだ者達だ。

それが出来るのは、『場所』と『時間』しかない。

あなた方は、細部を眺めるために、自分をばらばらに分解した。

それ以来、ばらばらになった自分を拾い集めているのだよ。

ニール
そう、私の人生はそうだった!

ようやく、ばらばらになった自分を、一つにまとめようとしているところです。

 神
あなたは、自分を創造しつつ、もっと徹底的に見つめ、経験しようとした。

あなた方は、「魂を観察する顕微鏡」として、『時間』を利用しているのだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る