超能力の解説

ニール  超能力とは何ですか?

 神

あなた方は皆、『超能力』を持っている。

超能力とは、「もっと広い視界に出て行く能力」のことだ。

より多くの事を感じ、もっと大きな真実をくみ上げる力、異なるエネルギーを感じる力だ。

ニール  その能力は、どうすれば増強できますか。

 神

増強させるには、鍛えなければいけない。
毎日、使いなさい。

普通の人は活用しない。
だから、直感は時々しか当たらないし、それに従って行動しようとも思わない。

増強させるには、能力を持っている事を知って、使うことだ。

あらゆる勘・感情・予感に、注意を払いなさい。

恐れずに直感どおりに行動すればするほど、直感が役に立つようになる。

ニール  超能力は、どんな風に働くのですか?

 神

超能力現象には、三つのルールがある。

それを知れば、超能力がどのように働くかが分かる。

① 思考はすべて、エネルギーである。

② 物事はすべて、動いている。

③ すべての時は、現在である。

超能力者は、この三つのルールに、自分を開いている人だ。

超能力者は、エネルギーを上手く感じ取る。

このエネルギーは非常にかすかで、普通の人は「本当にあったのかな?」と疑問を抱く。

だが、超能力者は疑問を抱かない。

疑問を抱くのは精神の働きなのだが、超能力者は精神を働かせずに、直感を信じる。

直感は、精神ではなく魂に存在する。

魂だけが、かすかなエネルギーを感じて、それを解釈する事が出来る。

超能力者は、思考のエネルギーを感じ取る。
だから、他者の考えが分かるのだ。

超能力者は、感情も感じ取る。

魂には、今までの感情の全てが残っており、『魂は感情の貯蔵庫』だ。

だから超能力者は、他者の過去が分かるのだ。

ニール  予言が当たらない場合は、どうなのですか?

 神

超能力者の予言は、「永遠の今」の、「可能性の一つ」を話しているに過ぎない。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る