死者との交流と降霊の解説

ニール

死者と話したいと、超能力者に頼むのは、してもいいのでしょうか?

 神  どうして、そうしたい?

ニール

何か私達に言いたい事が、あるかもしれないからです。

 神

「向こう側」にいる者が、何かを知らせたいと考えれば、必ず方法を見つける。

だから、心配しなくていい。

彼らの「徴(しるし)」に気を付けて、受けとめなさい。

気のせいだ、偶然だと、切り捨てないことだ。

ニール

では、超能力者の所へ行ったり、降霊会に参加しない方がいいのですか?

 神  そんな事をして何になるのか、と言いたいだけだ。

ニール

私達の側に、言いたい事があった場合は、どうなのでしょう?

 神

あなたの言う事が、彼らに聞こえないとでも思うのかね?

亡くなった人について何かを思考すれば、その人のエッセンスは必ず気づく。

霊媒を使って接触する必要など無い。

愛こそが、コミュニケーションの最高のメディアだよ。

ニール

そもそも霊媒は可能なのですか?
そして、危険な企てですか?

 神

もちろん可能だ。

危険かって? 恐れていれば、何だって危険だよ。

恐れれば、恐怖の対象を創造してしまう。

愛する者は、亡くなっても決して遠くへは離れない。

あなたのトラブルや乱れを感じた瞬間に、引き寄せられて飛んで来る。

あなたが彼らに自分を開いていれば、そばに来てくれるのを感じるはずだ。

高い報酬を要求する霊媒師からは、とっとと逃げ出しなさい。

人を助けるために活動している超能力者なら、自分の仕事を続けるために必要なものしか、要求しない。

そういう人を探して、援助をして力になってあげなさい。
彼らこそ、光の担い手なのだから。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る