地球人類は、かつて一回滅んでいる

 神

進んだ考えなしに、技術だけが進むと、終焉につながる。

それをあなた方は、地球上でかつて一度経験したのに、今またそこに近づいている。

ニール  何の事ですか?

 神

かつて地球上の文明は、現在よりももっと高度に進歩した。

そして、自滅したのだ。

霊的な進歩よりも、技術的な進歩がはるかに先行し、技術を神と崇めてしまった。
そして、野放しになった技術に襲われたのだ。

彼らは、自分で世界の終わりを引き寄せたのだ。

ニール  アトランティスの事ですか?

 神   そう呼ばれる事もある。

ニール  レムリアも? ムー大陸も?

 神   それも神話の一部だね。

ニール  あれは本当だったんだ!

     以前にも、我々のレベルに達した事があったのですね!

 神   もっと先だよ。ずっと先まで行ったのだ。

ニール  自滅は、どうすれば防げますか

 神

いろいろな本がある。

トム・ハートマンの「古代の陽光の最後の時間」を読んでごらん。

あれには、あなた方が地球を破壊している事も、破滅を止める方法も書いてある。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る