魂のパートナーと前世の解説

ニール  魂のパートナーというものは、あるのでしょうか?

 神

ある。

だが、あなたが考えているような、「自分の半身」というようなものではない。

人間の魂は、あなたが考えているよりも、もっと大きい。

たくさんの物質的なかたち(身体)を包んだり、出入りしたりしている。

ニール  同時にですか?

 神

時は、存在しない。

あなたの魂は、今・過去・未来の身体を、同時に包んでいる。

全ては「今」起こっているのだが、時間という道具のおかげで、それぞれの身体での経験を、よりはっきりと感じ取る事ができる。

ニール

すると、私の魂が包んでいる沢山の身体は、すべてが「魂のパートナー」なのですか?

 神  そうだ。

ニール

分かりかけたぞ!
私の一部で「過去に生きていた者」が、「前世」なのでしょう?

 神

分かってきたじゃないか!

あなたの魂が包んでいる「あなた以外の身体」は、過去にも未来にも、現在にも存在する。

そういう者に出会ったら、すぐに親近感を抱く。

ニール

すごいな! それで前世の説明がつきますね。

こういう場合はどうなのでしょう。

私が、「この人と過去の生を一緒に過ごしたな」と直感したのに、相手は全然感じてなかったら?

 神

それは、「過去」と「未来」を混同しているのだよ。

あなたは過去ではなく、未来に気づいたのだ。

ニール  なぜ、相手も未来を覚えていないのですか?

 神

未来は、非常に微妙な振動だからだ。
敏感な者は感じ取れる。

「以前に会った」と感じる場合、普通は『お互いが同じ大きな魂の一部』だ。

「以前に会った」という感じが、さほど強くない場合は、同じ魂の一部ではなく、過去や未来で夫婦や兄弟なのだろう。

ニール

そうなると、複数の人が「自分はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだ」と主張するのも、説明がつきますね!

つまり、同じ大きな魂に包まれている複数の魂が、『ジャンヌ・ダルクだった部分』を記憶している、という事なんですね。

複数の「魂のパートナー」を持つことが可能ならば、一生のうちに何度も「魂のパートナーだという直感」を抱くのも、説明がつきます。

一度に複数の人に感じる事だってあるんだ!

 神  その通りだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る