私達が自滅しかかっている事を、フットボールで例える

ニール

進化をフットボールに例えると、私たちはどの辺りですか?

 神   12ヤードラインだな。

ニール  まさか、冗談でしょう?

 神

おいおい。あなた方はこの一世紀で、6ヤードラインから12ヤードラインにまで進んだのだよ。

またボール落としたりしなければ、もちろんタッチダウンの可能性だってあるよ。

ニール  また?

 神

地球では、以前に一度、技術が進み破滅した事がある。

あなた方の技術も、賢明に活用できる能力を超えそうになっている。

「技術が社会の産物になる」のではなく、「社会が技術の産物に」なりかけている。

社会が技術の産物になると、自滅するよ。

ニール  どうしてですか?

 神

宇宙の仕組みが分かってくると、破壊する危険も大きくなる。

宇宙そのものが最大の技術で、完璧に自動的に働いている。

あなた方が手を出して、宇宙の原則や法則を引っかき回すと、その法則を破壊する。

そうなると、40ヤードの罰退となる。

ニール  私たちは、リーグから脱落するのですか?

 神

そうなりかけている。

例えば、原子力に関する知識は、地球を吹き飛ばせるほどになっている。

ニール

それほど愚かではありませんよ。思いとどまるでしょう。

 神

本当か?

このまま大量破壊兵器を拡散させ続けていると、いつかは世界を破壊しようとする者の手に渡るだろう。

解決策は明らかだ。全員が大量破壊兵器を捨てることだ。

ニール  しかし、軍縮なんて出来るでしょうか?

 神

核兵器で自滅しなければ、環境破壊によって世界を滅亡させるだろうね。

さらには、クローンや遺伝子工学にも手を染め、慎重な配慮をせずに危険を冒している。

すでに、人類を滅ぼしかねないほどの耐性を持ったウイルスを、作り出してしまったではないか。

ニール

もう手遅れなんですか? ゲームは終わったのですか?

 神

いや。フォースダウンなのに10ヤード残っている。

私はクォーターバックで、レシーバーを探している状態だ。

このパスを受け取れるか? 私たちはまだ同じチームかな?

ニール  相手チームって、誰なんですか?

 神

『私たちが一つである事』を否定する、すべての思考・言葉・行動だ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る