私達の諸問題の根は、
文化的な神話(原罪と適者生存)にある

ニール

あなたは、既存の宗教を「間違っている」と言います。

結婚制度や現在の政府についても、「機能していない」と言いますよね。

 神

あなた方は、「本当の神を知り、愛せるようになりたい」と言う。

だが、あなた方の宗教では、そこへは到達できない。

あなた方の宗教は、神を偉大な謎にして、神を愛するのではなく、恐れさせている。

そして、あなた方の行動を変えるのに、ほとんど役立っていない。

あなた方は今も、殺し合い、非難し合い、相手を間違っていると糾弾する。

それを、あなた方の宗教は奨励している。

だから、宗教はあなた方が目指す所ではなく、別の場所に連れて行っている。

あなた方は、「安らぎと幸せをもたらしてほしい」と思って、結婚をする。

だが、あなた方の結婚制度は、結婚生活が長くなると、あなた方を苦渋・怒り・後悔に連れて行く。

あなた方は、「平和・自由・安定を保障してもらいたい」と言う。

だが、あなた方の政府は、『人々に充分な食糧を与えて、健康に暮らさせる』という基本的な問題さえ、なかなか解決できない。

ましてや、『平等な機会を提供する』という課題は、達成されていない。

これは批判ではないよ。私は観察をしているだけだ。

ニール  なぜ、そんな事になっているのでしょう?

 神

あなた方の『文化的な神話』のせいだ。

文化的な神話は、「あなた方の古い倫理」を伝え、倫理は行動を生み出す。

問題は、文化的な神話が、基本的な直感と矛盾している事だ。

ニール  と言いますと?

 神

あなた方の神話は、「人間の本質は悪で、原罪を背負っている」と語る。
そう生まれついているのだと語る。

その神話から、必然的に「適者生存」という第二の神話が生まれてくる。

「自分や自分の仲間が生き延びるためには、他者を殺害する。それでこそ適者だ。」と言う。

だが本当は、あなた方の本質は『公平・一つになること・愛』だ。

それが、細胞に記憶されている本来の性質だ。

あなた方の本質が悪であり適者生存ならば、転落しそうな子供や溺れかけた人を、本能的に助けたりはしないだろう。

ところが本能で行動する時は、自分の身が危うくなっても助ける。

これは、あなた方の本質が『公平・一つになること・愛』なのを反映している。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る