宇宙を観察する事は、自分の過去を観察する事だ

 神

宇宙を観察するという事は、本当は自分の過去を観察しているのだよ。

ニール  なんですって??

 神

星を見上げる時、その星は何光年~何百万光年も離れた、昔の星だ。

今見ているのは、「昔の星」なのだよ。「過去を見ている」のだ。

その過去に、あなた方は参加していた。

ニール  どういう事ですか?

 神

あなた方はそこに居て、行動をし、経験をしていた。

以前に私は、「あなたは多くの生涯を生きてきた」と言っただろう?

ニール

でも、私が何百光年も離れた場所に移動したら、どうなるのですか?

そこには「もう一人の私」が居るのですか?

 神

もちろんだよ!

その時に、私が言っていた事が、「時は存在せず、すべては今、起こっている」という真実が、分かるだろう。

多くの自分の間に、距離があるから、それぞれのアイデンティティを個別に経験できるのだ。

本当は、「ただ一つの私たち」しか存在しない。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る