あなたは常に過去を目撃している 現在を見る事は不可能だ

 神

あなた方は常に、「過去」を見ているのだよ。

ニール  え?

 神

現在を見る事は、不可能だ。

現在は「起こり」、それからエネルギーが放射して光の爆発となり、
その光があなたの受容器である目に届く。

光があなたに届く間も、生命は進行し、前進する。

光があなたに届く頃には、次の出来事が起こっている。

爆発したエネルギーが目に届くと、目は脳に信号を送り、脳はデータに照らし合わせて、何を見ているかを教える。

あなたが見たものについて考え、判断をし、何と呼ぶかを決めている間に、起こっている事は先へ進んで、あなたを待っている。

簡単に言えば、私は常にあなたの一歩先にいる。

ニール  すごい、信じられないな。

 神

あなたと出来事が起こる場所が遠くなるほど、出来事は「過去」へと遠ざかる。

だが、それは「過去」に起こっているのではない。

単に、距離が「時間という幻想」を創りだし、「今、ここに居るあなた」と「かつて、あそこに居たあなた」の経験を、両立させているにすぎない!

「時間と空間は同じもの」であり、すべてはたった今、起こっている。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る