啓示とは、創造していたものを思い出して、
現実を拡大する事だ

 神

啓示とは、ふいに「思い出した」だけなのだ。

自分がすでに創造していたものを、思い出す。

これを「神の顕現」だと感じる事もある。

この至高の経験をすると、他の人が「現実」と呼ぶものと交じり合うのが難しくなる。

あなたの現実が、拡大して成長するからだ。

いったん拡大・成長すると、元に収縮することは出来ない。

ニール

だから、神秘体験をした人は、別人の様に見えるのですか?

 神

その通り。

別人になるのは、沢山の事を知った(思い出した)からだ。

だが、時間が経つほど、思い出した事を再び忘れてしまう。

ニール  忘れない方法は、あるのですか?

 神

ある。

それには、『知識を行動に表す』ことだ。

幻想が(見えている現実が)どれほど本物らしく見えても、惑わされないことだ。

これが、マスターがしてきた事だ。

マスターは見かけで判断せず、自分の知識に従って行動をする。

もう一つの方法は、『人に与えてやる』ことだ。

至高の経験を大勢の人に与えてやれば、自分に与える必要性は小さくなる。

ニール

私と他者は「一つ」で、『人に与えることは、自分に与えること』だからですね。

 神  その通りだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る