創造の三つの選択肢
地獄、天国、ニルヴァーナの解説

ニール

あなたは、「魂が望めば死から戻れる」とおっしゃいます。

しかしそれならば、どうしてもっと多くの魂が、死から戻ることを選択しないのですか?

 神

以前と同じ身体に戻りたいと望む魂は、ごく僅かだ。

ほとんどの魂は、別の身体に戻ることを選ぶ。
そうすれば、新しい冒険が可能になるからだ。

魂が身体を離れるのは、その身体でしたかった事が完了したからなんだよ。

ニール  事故死した人は、どうなのですか?

 神

宇宙には、「たまたま死ぬ」などという事はない。偶然はない。

ニール  では、死者を悼む必要はないのですね。

 神

死者は、悼んでほしいとは、さらさら思っていないよ。

「あの世」を一瞬でも体験できれば、葬儀の時に心から喜べるだろう。

ニール

私達は葬儀の時に、もう会えないと思うから泣くのです。

 神   泣くのはよろしい。
     亡くなった人への敬意を表することだから。

ニール  あの世とは、どんな所ですか?

 神

ここと同じように、あの世でも次の3つのいずれかを経験する。

①  無意識の考えに創造をゆだねる

②  意識的に経験を創造する

③  『存在するすべて(神の総体)』の集合意識を経験する

③は、「再統合」あるいは「一つへの回帰」だ。

①を行っても、この世と違って長くは続かない。

なぜなら、経験している事が好ましくないと思った瞬間に、もっと好ましい現実を創り出すからだ。

②を行う場合、もちろん「まっすぐ天国へ」行く。

天国を信じる者は、天国を創造する。

③を行う場合、たちまち全的な受容、全的な平和、全的な認識、全的な愛に包まれる。

あなたは、『一つであるもの(神の総体)』と一体になる。

これが、『ニルヴァーナ』だ。

ニルヴァーナの後に、やがてあなたは『一つであるもの』から、再び分離する。

こうして、あなたは宇宙の車輪の上を旅して、回転をし続ける。永遠に。

これを理解すれば、あなたは宇宙の車輪のどこにいても、好きな時に『一つであるもの』へと回帰できる。

あなた方は、「コントロールの効かない考え・創造」を、『地獄』と呼ぶ。

「望めば何でも思考と同じスピードで実現できる状態」を、『天国』と呼ぶ。

そして、『一つであるもの』と合体して至福を経験することを、『ニルヴァーナ』と呼ぶ。

(『神との対話3』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る