場(スペース)と物質の解説

 神

場(スペース)とは、「表示された時間」だ。

何も存在しない「空の場」はない。
一番空っぽな場でさえも、薄い気で満たされている。

気が消えた後に存在するのは、「エネルギー」だ。

エネルギーは、振動として現れる。
すべての動きは、特定の振動数を持っている。

エネルギーという「場」が、『物を結び固めている』。

物質のほとんどは、場(スペース)で構成されている。

固体でも、98%は空気にすぎない。

分子と分子の間にある場は、とてつもなく大きく、星と星との距離ぐらいある。

かつては宇宙の全ての物質は、小さな点に凝縮していた。
分子の間には、全くすき間が無かった。

物質から場を除くと、物質はピンの頭よりも小さくなってしまう。

さらにそれ以前には、何もない時があった。
あるのは『純粋なエネルギー』だけだった。

そのエネルギーを、あなた方は『反物質』と呼ぶ。

この『純粋なエネルギー』が、私だ!
私は猛スピードで振動し、物質を創った。

あなた方にも、同じ事が可能だ。

思考とは純粋な振動で、それが物質を創る。

(『神との対話2』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る