ここは天国である

 神

天国は、「行く」のではない。自分がすでに天国に居ると「気づく」だけだ。

気づくには、受容と理解があるだけでいい。
努力や闘いは必要ではない。

あなた方は、すでに天国に居る。

しかし、ほとんどの人は、「行きたい所へ行くには、今いる所を離れなければならない」と考えている。

そのため、天国に行くために天国を離れ、地獄を通る。

悟りとは、『行くべき所は無いし、すべき事もないし、今の自分以外の何者にもなる必要は無い』と理解する事だ。

これを理解すれば、今ここに天国を見るだろう。

ニール

ここが天国なら、どうして世界はこんなにめちゃくちゃなんですか?

私は、天国を体験した事はありません。

 神

知らない事は、経験出来ない。

あなたは、天国を知らないから、経験が出来ない。

悟りとは、『経験していない事を知ること、それによって経験すること』だ。

知る事で、経験への扉が開かれる。

そして、その逆もまた、真である。

実際には、あなた方は経験しているよりも、ずっと大きな事を知っている。

ただ、自分が知っている事を知らない(忘れている)だけなのだ。

例えばあなた方は、神がいることを、魂のレベルでは知っている。

だが、あなたはそれを知らない(忘れている)かもしれない。

あなたは天国を、それと知らずに経験している。
それでは、経験をしていないのと同じだ。

(『神との対話1』から)


神との対話 究極の真実(その他の事柄)の目次に戻る