イエスの教えとはりつけ

 神

偶然はないし、出来事は自分自身が呼び寄せるものだ。

イエスもこの事を理解していた。

イエスは、十字架を予期していた。

そして、そこから逃げずに、人類を救済するために十字架にかかる事を選んだのだ。

「見よ、私が何を成しえるかを」とイエスは言った。

イエスは、

「あなた方にも、私以上のことが出来る。

 私は『あなた方は神である』と言ったが、あなた方は信じない。

 自分を信じられないなら、私を信じなさい。」

 と伝えたのだ。

イエスは、「他に方法がないなら、イエスを通じて人々が天国に来られるように」と、世界に衝撃を与えることを願ったのだ。

イエスの最も偉大な教えは、『あなた方には永遠の命があり、あなた方は兄弟であり、あなた方は求めるものをすでに与えられている』ということだ。

(『神との対話1』から)


神との対話 マスター・イエスの目次に戻る