マスターは不平を言わない
マスターは痛みを苦しみと解釈しない

 神

不平を言えば、他人に苦しみを与える。

だからマスターは、決して不平を言わない。

そのために周りの苦しみも減るし、マスター自身の苦しみも減る。

しかし、マスターが不平を言わないのは苦しみを減らすためではなく、痛みを苦しみと解釈せず、単に痛みとして受け取るからだ。

痛みは、一つの経験だ。

苦しみは、その経験についての「判断」である。

大抵の人は、痛みを経験する事は良くないと判断をし、痛みは起こるべきではないと思う。

だが、痛みも完全なものとして受け入れれば、苦しみは軽減される。

マスターは、痛みも完全なものとして受け入れて、苦しみを克服する。

(『神とひとつになること』から)


神との対話  マスター・イエスの目次に戻る