イエスが隣の十字架にかけられた男を赦した、本当の意味

 神

赦しについての最も有名な物語の一つは、イエスが隣の十字架にかけられた男を赦して、「神を求める者は、誰も罪を宣告されない」という真実を明かしたことだろう。

これは、『決して誰も、罪の宣告を受けない』という意味だ。

なぜなら、誰でも究極的には神を求めているから。

『神ともう一度一体になりたいと望めば、誰でもその望みは達せられる』

(『神とひとつになること』から)


神との対話 マスター・イエスの目次に戻る