マスターは、「あなた方も救世主なのだ」と教える

 神

絶対的な気づき(真の自分を、完全に知り体験して感じる瞬間)に達するには、順番に段階を踏んでいかなければならない。

1つ1つの生涯は、1つの段階だ。

ニール

すべての段階(すべての生涯)を終了して、絶対的な気づきに到達したら、その後はどうなるのですか?

 神

そうなったら、次はその気づきを物理的な世界で経験するために、物理的な世界に戻るだろう。

ニール  また戻っちゃうのですか。

 神

そうだ。

今度のあなたは、「真の自分を充分に知って」いる。

だから他の人々は、あなたを「マスター」と呼ぶだろう。

ニール  人々は、「救世主」と言うかもしれないですね。

 神

そうだね。

絶対的な気づきに到達している人は、「あなた方も救世主なのだ」と教える。

自分の気づきを、すべての人々も経験するように導く。

マスターは、「他の人達に真の自分を示すためなら、物理的な生命を捨てる事なんて何でもない」と思う。

マスターは、時には暗殺されるが、「他人には生命を奪われているように見えるが、これは自ら選んでいる」と知っている。

こういう時のマスターは、自分の死を創造の瞬間として活用して、多くの人達に「さらに大きな現実」への扉を開くのだ。

(『神へ帰る』から抜粋)


神との対話  マスター・イエスの目次に戻る