イエスの最大の資質

 神

イエスの最大の資質は、万人の本当の姿を見ていることだった。

彼は見かけにごまかされず、本人が「自分はこういう人間だ」と思っていても、それを信じなかった。

イエスは憐れみを持ち、人が「自分は援助が必要な人間だ」と思っていれば、その間違った考え(人は無限の力が備わった神の分身だから、本質的には間違った考えである)を否定せず、手助けをしてやった。

人によっては「自分ではない自分」を生きる事が、「本当の自分」への近道だと、イエスは知っていた。

彼は、「それもまた完璧な道である」と言い、人を助けた。
ただ、手助けが当人の正直な欲望の実現になるように、気をつけていた。

イエスは、自分が望むやり方ではなく、相手が求めるやり方で助ければ、相手に力を与えられると知っていた。

(『神との対話2』から)


神との対話 マスター・イエスの目次に戻る