奇跡を行うには、トータルな認識が必要

 神

信じれば、それは実現される。

奇跡と呼ばれる行いは、高度な信念が必要だが、不可能ではない。

ニール

どうすれば、その信念を創造できますか?
どうすれば、そのレベルに到達できますか?

 神

到達する事は出来ない。
ただ、そこにいる事が出来るだけだ。

この種の信念(完全な知識)は、獲得しようとして獲得できるものではない。

獲得しようとすれば、かえって出来ない。

完全な知識は、トータルな認識から生まれる。
そこからしか生まれない。

トータルな認識があれば、何でも出来る。

だから、『トータルな認識』という状態になろうと努力しなさい。

この状態になれば、もう信念は必要ない。
完全な知識が、驚異的な作用をする。

ニール

以前、瞑想をしていた時に、「すべては一つである」というトータルな認識を経験しました。

それ以来、もう一度経験したいと努力をしてきましたが、出来なかった。

私がその状態を求めていたからこそ、その状態になれなかったのですね。

 神  分かったようだね。

ニール

でも、「何でも出来る」というのは、ちょっとヤバイですね。

ビルから「私は神だ! 私は飛べるのだ!」と叫んで、飛び降りる人が出るかもしれない。

 神

自分が神だと、他人に証明しなければならないとしたら、自分が神である事を知らないのだ。

すると、「知らない」という状態が、現実になる。
つまり、墜落してぺちゃんこになる。

自分と神が「一つ」である事を知っている者は、証明しようなどと考えない。

だから、「神の子なら、十字架から降りて証明してみろ!」とあざけられても、イエスは何もしなかった。

そして、三日後に誰も居ない所で、大きな奇跡を行った。

たった今も、地球では瞬間移動をしたり、不死でいる人がいる。

すべて、彼らの信念と知識によって、可能になる。

ニール  どうすれば、そうなれるのですか?

 神

自分が選ぶものを、人に与えなさい。
それが出来なければ、人がそうなるのを助けなさい。

そして、すでに実現させている人を称えなさい。

(『神との対話3』から)


神との対話 マスター・イエスの目次に戻る