結婚③ 私たちは皆、お互いに結婚している

ニール

愛の表現には、どのような制限を課したらいいのですか?

 神

制限は、全く必要ではない。

結婚の誓いでも、それを宣言すべきなのだよ。

本当は、私たちは皆、お互いに結婚しているのだよ。永遠に。

私たちは結ばれている。私たちは「一つ」だ。

私はあなたであり、あなたは私であって、私たちは決して離れない。
離れるのは不可能だ。

私は、あなたを永遠に愛し、全てから自由にする。

私の愛は、決してあなたを縛ることはない。

本当の自分でいる自由こそ、あなたの最大の望みであり、私からの最大の贈り物だから。

(『神との対話3』から)


神との対話 人間関係の目次に戻る