特別な存在になってはいけない 人間らしく居なさい

 神

外部の何者も、あなたを真実に導く事はできない。

あなたを真実に連れていく事ができるのは、あなただけだ。

「あの人に答えを求めなくてはならない」という印象を、人々に与えないように注意しなさい。

そうした印象を持つと、人々はあなたに道を示してもらいたがるだろうが、それは非生産的だし、あなたにとって危険だ。

ニール  どうして危険なのですか?

 神

あなたが、「特別な存在」になってしまうからだ。

出来るだけ努力をして、あなたを「非特別化」しなさい。
あの人は他の人よりも特別だ、なんて思わせてはいけない。

ニール  具体的には、どうすればいいのですか?

 神

聖人ならばしそうにない事を、してみるといい。
「凡庸な奴だ」となじられるような事をするのだ。

人間らしいままで居なさい。

すべての過ちについて、自分自身を赦し、他の人達に赦しを乞いなさい。

その後に、「あなたが求めている答えは、あなたの中にある」と言ってやりなさい。

(『神へ帰る』から抜粋)


神との対話 人間関係の目次に戻る