神が提案する新しい世界システム①
金銭の動きを見えるようにする②

ニール

金銭の動きを見えるようにするには、どうすればいいのですか?

 神

すべてがはっきりと見え、記録をたどれる、『オープンな国際通貨制度』を創りなさい。

サービスや商品を提供すれば「貸し方・クレジット」が増え、使ったサービスや商品の分だけ「借り方・デビット」が増えるようにする。

こうすれば、商品の値段だけではなく、コストも分かるようになる。

いつでも誰でも、他人や企業の帳簿を見ることができ、情報がプライバシーで守られる事もないようにする。

毎年、自発的に申し出た人の所得から10%を差し引き、政策やサービスに使う。

公開されているから、誰がみんなのために10%を提供しているかが、すぐに分かる。

ニール  世界はそんなシステムには賛成しないでしょう。

 神

どうして賛成しないか分かるかね?
隠れて行動できなくなるからだ。

今は、「得をする」「うまく立ち回る」「適者生存」といった事がまかり通る社会だ。

社会の目標が、「全ての人の生存」「全ての人が人間らしい暮らしをする事」だったら、秘密・隠し金・裏取引は必要なくなる。

新しいシステムのキーワードは、『見える』という性質だ。

ニール

すごい考え方ですね。間違っている点が見つからないです。

 神

もちろん、見つかるまい。
だって、「何も隠されていない」のだから。

実現したら、金持ちや権力者がどんなに悲鳴をあげるか、わかるかい?

オープンに見せるとは、「真実を見せる事」だ。

真実は、あなたを自由にしてくれる。

高度に進歩した別の星の社会では、どうしてこうしたシステムが実現するか、わかるかな?

進歩した社会では、『他人を犠牲にして何かを得ようとする者はいない』からだよ。

ニール  本当にそれで、上手くいくのでしょうか?

 神

実行すれば、世の中への不満や怒りは、60日以内にすっきりと消えるだろう。

真実を隠す事で、望む社会が実現しただろうか? 

プライバシーは、本当に暮らしを円滑にしているだろうか?

よく考えてみるといい。

(『神との対話2』から)


神との対話 政治の目次に戻る